血小板減少を来す遺伝性、後天性疾患の患者さんや、抗がん剤治療後の骨髄抑制に伴う持続的な血小板減少の患者さんでは頻回に血小板輸血が必要になります。しかし、他人に由来する血小板輸血では徐々に血小板抗体が産生され、輸血血小板の効果がなくなっていく可能性が指摘されています。

そこで、自分の細胞から体外で血小板を大量に作製して自分に戻す治療が望まれています。

当社では、人工血管内皮細胞と不織布を配した、マイES細胞(iPS細胞)からの血小板大量産生装置の開発に取り組んでいます。実際の医療への応用とともに、血小板凝集反応検査に用いる標準血小板としての供給もめざしています。

 

ご興味のある方は是非連絡ください。

(E-mail: nobuyuki.takakura@genestem.co.jp)